大手メディアから地元新聞社まで“報道連鎖”を生む戦略をご提案

当社のプレスリリース作成実績は50社以上。

テレビ・雑誌などの大手メディアからネットメディア、そして業界新聞から地元新聞に至るまで幅広いメディアへアプローチし、“取材される”プレスリリースを製作します。

大手メディアから小規模メディアへと効果を波及させる“トップダウン型プレスリリース”や、地元新聞などの小規模メディアから大手メディアへと効果を波及させる“ボトムアップ型プレスリリース”など、様々な戦略を通して“報道連鎖”を生み出す手法のご提案を通して御社のビジネスの発展に寄与します。

取材実績(順不同)

・テレビ東京
・東京MXテレビ
・マガジンハウス
・帝国データバンク『TEIKOKU NEWS』
・東京キャラクターフォーラム
・日経MJ
・NHK(ラジオ国際放送)
・HBC北海道放送
・地方新聞
…等多数

実績に裏打ちされたノウハウとテクニック

プレスリリースの配信で取材を獲得するためには、文章の書き方はもちろん、配信するメディアの特性に合わせて時期やタイミング、記者の特性などを見極める必要があります。

要点の一例として、
・タイトル・サブタイトルはパッと見て内容が分かるようにする。
・要点を簡潔にまとめて、ニュースが何かを伝える。
・目を引く必要はあるが、広告ではないのでキャチーすぎないこと。
といった点に留意する必要がありますが、一般の方にとっては難しいでしょう。

“ゴミ箱行き”にならない、記者へ直接送るプレスリリース配信

ネットでは様々なプレスリリースの“テンプレート”が配信されていて、文章の作成は手軽にできるようになりました。

そして『プレスリリース配信サービス』も有料・無料を問わず、たくさん登場しています。

しかし残念なことに、そのようなサービスを使って配信したプレスリリースの大半は“ゴミ箱行き”になっていて、採用される確率は10メートル先の針穴に糸を通すのと同じくらい低く、難しいと言っても過言ではないでしょう。

そこで弊社では、過去の取材獲得実績から得たノウハウとネットワークを活用して、“記者や担当部署へ直接送る”プレスリリース配信を行っており、その結果、高い確率での取材獲得を実現しています。

※成果を保証するものではありません。

あの会社、あの商品はなぜ取材されるのか?

取材されるプレスリリースを作ります。
取材されるのには、理由があります。

・書き方
・配信先
・タイミング
・記者の目を引くキーワード
・配信する方法

多くのメディアから取材を受けた弊社ならではのテクニックをたっぷり注いだプレスリリースを作ります。

高い費用対効果

プレスリリース配信は、ローリスクハイリターンなPR手法だということができるでしょう。

取材を獲得でき、情報サイトやニュースサイト、巨大サイトに掲載されれば通常にないような効果がありますし、記事として取り上げてもらえることができれば広告よりも高い信頼度を得ることができます。

広告は読まない人もいますが、テレビや雑誌、ネットメディアなどの記事であれば見る人が多く、「広告よりも安くて効果があった」という結果になる可能性が高くあり、高い費用対効果や広告コスト削減につなげることができるでしょう。

お気軽にお問い合わせください。0178-84-3685受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせお気軽にお問い合わせください。