【消費税総額表示義務化への対応について】

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

日頃より、ティードリームネットワークスをご利用いただきまして誠にありがとうございます。

2021年3月31日をもって、「消費税転嫁対策特別措置法」の特例措置が終了となります。

2021年4月1日からの「総額表示」の義務付けに伴い、本日4月1日よりティードリームネットワークスの価格表示を消費税込みの総額表示に変更致しました。

変更以前より掲載している料金表やパンフレットなどにおいては、一部税抜き価格での記載がある場合がございます。
ご了承くださいませ。

なお、当社ウェブサイトの価格表ページでは消費税額を明示しており、各商品ごとに「この中には消費税○○○円が含まれています」と記載しておりますが、これは物価に消費税を紛れ込ませて痛税感と納税者意識を薄れさせ、税率を引き上げやすくするための施策であると考えられる総額表示義務化に対する当社の反対声明でもあります。

“ゴマカシ”や“更なる増税への地ならし”とも受け取れる今回の総額表示義務化に対しては、お客様へサービスを提供する事業者として見過ごすわけにはいかないというのが当社の考え方であり、憲法第22条に明記されている「営業の自由」の観点からも、価格表示は事業者の判断に委ねられるべきだと考えています。

これからも何卒ティードリームネットワークスをご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA